10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ報告

いよいよ今週の20日土曜日に対戦会やりますよーいっぱい人来てくれるとうれしいな。目標は前回を上回る7人以上ですかね。ひさしぶりにACで連戦できるんで僕もすんごい楽しみです^^。

前言ったように、当日は大会の下準備として録画テストを行います。そのための機材も取り揃えました。今回は具体的な録画方法について紹介していきたいと思います。
まず、ぷよぷよ通のゲーム基板と録画用基板を用意します。↓

ROM基板と録画基板

上にあるのがゲーム基板で、下が今回手に入れた録画用基板。これについているJAMMAハーネス接続部分をぷよ通のROM基板に差し込みます。↓

ハーネス差し込み前

これ、実は差し込み口が狭くてかなりぎちぎち。ゆっくり慎重にはめ込まないとハーネス部分が折れちゃいそう(笑)。

ハーネス差し込み後

なんとか装着完了!ハーネスは、アーケードゲームのコンパネに接続する部分なので、つまりゲームの映像と音声情報を途中で分岐させて、抜き出しているわけですね。
先週末、ハードオフでテレビとレコーダーを購入。取り込んだ映像と音声をテレビに映しながら、レコーダーのHDDに録画しようと思います。ビデオデッキ(レコーダー)には入力端子と出力端子があるので、三色の端子で繋ぎます。まずデッキの出力とテレビの入力を繋げば、デッキ内のHDDやDVD,外部出力の映像をテレビに映すことができますね。そして録画用基板から出ている出力端子をデッキの入力端子に繋げば・・・

録画環境の再現

で~~ん!完成。これが録画環境の再現です。見ればわかるように、ゲーム基板と筺体とを繋ぐハーネス部分に録画用基板をかませて情報を抽出しているんですね。そしてゲームの出力情報を真ん中の基板内でテレビ用の周波数や信号形式に変換し、レコーダーを経由してテレビの外部入力チャンネルに映すのです。当日うまくいくかな今からワクワク♪
ただ、どうやってこれ運ぶんだ…。。。歩いて運ぶには家からゲーセンまで遠すぎるしなぁ。やっぱ自転車でなんとか運びたい。テレビは持ち運びやすいように小さめの奴を買ったんですが、なんとか箱に詰めれば運べないこともないか?よく考えてみよう(雨降ったらヤバいな…)。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

_iko_

Author:_iko_
新潟県中央区在住 男性
笹口チャンス1Fのぷよぷよ通対戦台にて対戦相手募集中

【連絡先】お気軽に連絡ください
dayonnoojisandayonあっとyahoo.co.jp

リンク

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。